配偶者ビザは行政書士やまだ事務所にお任せ

配偶者ビザ理由書作成サービス

配偶者ビザサポート申し込み

 

 

配偶者ビザのお問い合わせ

 

配偶者ビザのご相談~申請手続きまでオンラインでの打ち合わせ可能です。

当事務所の近くでも遠方でも来所は不要です。

日本全国に留まらず、世界各国からの面談実績あります

 

ご希望の方にズーム(zoom)のURLを送信いたします。

ご指定の時間にURLをクリックするだけで面談できます。

まずは相談フォームorお電話でお気軽にお問い合わせください。

 

書籍を出版しました。

行政書士やまだ事務所の書籍

配偶者ビザ理由書作成プラン

配偶者ビザ理由書作成プラン

 

この記事は行政書士やまだ事務所の配偶者ビザ理由書作成サービスについて。
以前は理由書の代筆は、弊所の裏メニューとしてご用意しておりました。
最近、理由書だけを作って欲しいというお問い合わせが増えて参りました。
そこで理由書に悩む方のニーズにお応えするべく、原稿作成サービスを正式メニューに加えることに致しました。

 

 

配偶者ビザで理由書の位置づけは非常に高いです。
理由書の出来次第で、許可を左右することも珍しくありません。
特にマイナス点がある場合は、理由書は慎重に作成する必要があります。

 

理由書の書き方は弊所サイトを筆頭に、色々な行政書士がホームページやYouTubeで公開しております。

 

関連記事:配偶者ビザの理由書の書き方と記載例

 

しかしながら、自分で書いてみると…
思ったように書けないのが現実です。

 

  • 色々なサイトを参考に書いてみたけど、しっくりこない。
  • 本当にこれで良いのか分からない。
  • 自分ごとになると何を書いたら良いのか分からない。
  • 日本語での長い作文は難しい

 

行政書士事務所に問合せをされる方は、色々なサイトを見て勉強されています。
多くの方が仰ることは、情報が多すぎて何が本当なのか分からなくなったと。
情報が無いのも困りますが、多すぎるのも困りものですね…

 

弊所が提供する理由書の特徴

弊所が作成する申請理由書は以下の特徴があります。

 

  • 配偶者ビザの要件を説明したもの
  • マイナス点がある場合のフォロー
  • 配偶者許可申請へのアドバイス
  • 全国対応

 

配偶者ビザの要件の説明

申請理由書には、国際結婚の経緯や今後の生活のことを書いていきます。
二人の愛の深さを情熱的に表現だけでは、配偶者ビザは取得できません。

 

理由書は、申請者が要件を満たしていることをアピールする最大の資料です。
文書でキッチリと説明することで、審査官がスムーズにチェックできます。
分かり易い資料を提出することで、審査のスピードを速くすることができます。

 

配偶者許可申請は膨大な資料を提出します。
入管の審査官は、数十枚~100枚前後の書類を全部チェックします。
審査官は大量の案件を抱えていて忙しいです。
(繁忙期は家に帰れないと聞きます)

 

弊所は入管局の審査官がスムーズに情報に辿り着ける様な理由書を作成します。
様々な在留資格や帰化申請をサポートしてきた弊所にお任せください。

 

マイナス点へのフォロー

全ての人が問題なく配偶者許可申請を行える訳ではありません。
(大抵は何らかのマイナス部分があるものです)

 

関連記事:配偶者ビザの許可が難しい事例

 

  • 年齢差がある
  • 出会いが結婚紹介所
  • 交際期間や証拠が少ない
  • 日本での滞在状況に不安がある
  • 収入が少ない
  • 何年頑張っても3年が出ない
  • その他…

 

マイナス点は、フォローなしで申請すると不許可リスクが跳ね上がります。
必ずマイナス点をカバーするための物が必要です。

 

そして理由書にはマイナス面の説明とフォローという側面もあります。
何の説明もなく進めた場合、リスクがあるものはフォローした文書が必要です。
弊所はマイナス点をフォローした理由書を作成します。

 

スピード対応

弊所はスピード対応がモットーです。
理由書作成サービスは、最短で3営業日でお渡しした実績があります。
(ご依頼者様にご協力頂く必要がありますが…)

 

理由書の作成を通じて、ご依頼者様の配偶者権取得に貢献致します。

 

理由書作成プランは全国対応

理由書作成プランは、日本全国の方がご利用いただけます。
直近では近畿二府六県の他、北海道、岩手県、東京都、広島県、沖縄県の方からご相談とご依頼を頂きました。

 

配偶者許可申請に関するアドバイス

理由書作成をご依頼された方には、他のプランと同様に許可申請に関するアドバイスをさせて頂いております。
書類収集や申請書作成、入管への提出などは発生しませんが、弊所のノウハウを惜しみなくお伝えします。

 

理由書作成プランの料金

理由書作成プランの料金
配偶者ビザ理由書作成プランの料金は以下の通りです。

 

1通15,000円+消費税

 

弊所の一般的なプランと比較すると大変リーズナブルなお値段となっております。

 

関連記事:配偶者ビザ申請サポートの料金

 

配偶者ビザ理由書作成プランには以下のサービスが含まれています。

 

  • 理由書の原稿作成
  • 配偶者許可申請の各種コンサルティング

 

理由書を作成からフルサポートのプランに変更される場合、理由書作成プランの料金を充当致します。
こちらのプランは料金前払い、返金保証制度の対象外となっております。
ご了承のほどお願いいたします。

 

理由書作成プランの流れ

理由書作成プランの流れ

 

配偶者ビザ理由書作成プランは以下の流れで進めて参ります。

 

  1. お問い合わせ
  2. 代金のお振込み
  3. 詳細なヒアリング
  4. 1回目の原稿作成
  5. ご依頼者さまチェック
  6. 修正案作成
  7. 理由書納品

 

①お問い合わせ

メールフォームもしくはお電話でお問い合わせください。
簡単なヒアリングとお見積もりを提示致します。
その後にご依頼される方には請求書をお送りいたします。

 

②料金のお支払い

理由書作成プランは全額前金となっています。
請求書に書かれた金額をお振込みお願いいたします。
事務所に持参でも大丈夫です。
お振込み確認後、詳細なヒアリングの日程をお知らせいたします。

 

③詳細なヒアリング

理由書作成に必要な情報をお聞きいたします。
ヒアリングの方法は、事務所での面談、もしくはオンライン面談(zoom)にて行います。
時間は40分から1時間程度を予定しております。

 

④1回目の理由書作成

お聞きした内容を参考に理由書を作成いたします。
ボリュームはA4用紙1枚から2枚程度になります。
理由書は少なすぎても多すぎも良くないです。

 

⑤理由書の確認

作成した理由書をご確認いただきます。
この時に修正点がありましたら、修正項目をお伝えください。
修正した理由書を提出致します。
修正が不要な場合は、この段階で納品となります。

 

⑥修正案の作成と納品

修正希望の場合、訂正した理由書をご提出します。
問題なければ、この段階で納品となります。
納品はWordファイルで行わせて頂きます。
修正案の納品を持って、業務終了となります。

 

ご相談は納品後も歓迎です

理由書作成プランには、配偶者許可申請に関するアドバイスが含まれております。
完成品納品後もメールやお電話、WEchatでお気軽にお尋ねください。
ご依頼者様の配偶者許可成功のお手伝いをさせて頂きます。

 

理由書作成プランはこの様な方にお勧め

理由書作成プランはこの様な方にお勧め

 

最後に理由書作成プランのご利用について。
下記の様な方からご用命頂いております。

 

  • 理由書の書き方が分からない
  • クオリティの高い理由書が欲しい
  • 日本語で長文を書くのが苦手
  • フルサポートまでは要らないけどアドバイスが欲しい

 

配偶者ビザの理由書の書き方は、色々なサイトや動画で紹介されています。
そこで説明されるのは、一般的な内容になります。
申請者の多くは、色々な事情があり、見本通りとは行かないものです。
自分の場合はどの様に書けば良いのか分からない方は少なくないです。

 

もう一つは配偶者ビザ申請のフルサポートまでは要らないけど…
少しだけアドバイスが欲しい、部分的に手伝ってほしい。
この様なご要望が意外とありました。
フルサポートになると15万円からの料金になります。
理由書だけなら10%のお値段でご利用いただけます。

この記事を書いた人

 

行政書士やまだ事務所 所長

 

行政書士 山田 和宏

 

日本行政書士会連合会 13262553号

大阪府行政書士会 6665号

申請取次行政書士(大阪出入国在留管理局長承認)

大阪府行政書士会 国際研究会会員

大阪府行政書士会 法人研究会会員

 

【適格請求書発行事業者】

インボイス登録済

番号:T1810496599865

 

【専門分野】

外国籍の方の在留資格手続き、帰化申請(日本国籍取得)

年間相談件数は、500件を超える。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

【運営サイト】

 

配偶者ビザ申請サポート

 

経営管理ビザ申請サポート

 

永住許可申請サポート

 

帰化許可申請サポート

 

建設業許可サポート

無料相談のお申込み

配偶者ビザサポート申し込み

 

 

配偶者ビザのお問い合わせ

お客様の声

お問い合わせの際に良くいただく質問
電話で相談はできますか?

はい大丈夫です。

お電話の場合、書類の確認などができないので、分かる範囲内での回答になります。

行政書士にお願いすれば必ず許可が取れますか?

許可を出すのは入管局なので、100%必ずとはお約束は難しいです。

許可が取れるように最善を尽くします。

(虚偽申請はダメですけど)

平日は忙しいので土曜日の面談は可能ですか?

はい大丈夫です。

面談のお申込みの際に、土曜日希望とお伝えください。

面談の予約はこちらのページからお願い致します。

 

 

お問い合わせフォーム

面談では何を持って行けば良いですか

在留カードなど本人確認書類をご持参いただけると幸いです。

面談したら必ず依頼しなければいけませんか?

大丈夫です。

相談者様が納得された時にご依頼いただければと思います。

(配偶者ビザ申請はお互いの信頼が最重要)

強引に契約を迫る事はございません。

配偶者ビザはどれ位で取れますか?

配偶者ビザの種類によりますが、概ね以下の日数はかかるかと思います。

 

・新規の呼び寄せ:3か月

・ビザ更新:2か月

・ビザ変更:2か月

 

書類の準備に1か月程度と入管局の審査期間が必要です。

参考までに入管局の標準処理期間を6年分の推移をコンテンツにしております。

 

配偶者ビザの審査期間を6年分調べました

ビザ申請を依頼した際のお値段は?

弊所はご依頼者様のニーズに合わせて3プランご用意しております。

詳細な価格とサービス内容は、下記のページでご確認お願い致します。

 

 

配偶者ビザ申請プランと価格